英語教材を選ぶポイントは他人の口コミ?

 

これから英語教材を購入しようとしている方で購入を迷っている方、一瞬だけ購入をやめて私の主張を読んでみてください。

 

私は英語学習歴約11年で、なりたくてなった訳ではありませんが、英語教材と名前のつくものをかなり購入してきた英語教材コレクターです。

 

 

世の中全ての英語教材を購入した訳では無いので、私の意見が全てではないと思っていますが、英語教材はその特性から1週間や10日で効果を実感するのは難しく、

 

ましてや英語の学習をまともにしたことの無い人間が、無料の試聴用CDを聞いて判断するなど到底できません。

 

また、英語教材は高額なものも多く、安いものでも1万円程度、高額な物になるとフルセットで20万円を越すものまで存在します。

 

子供や幼児用の英語教材などウン十万するとか聞いたことがありますし、いくら下調べをしたからといってなかなか簡単に購入する決心がつくものではありません。

 

そんな中で意を決して購入した英語教材も買ってよかったと思えるまでには、

 

その教材を使って毎日勉強しても最低でも1、2か月かかるでしょう。

 

では、購入してもいない英語教材の評価基準を何ですればいいのかと言うと、おそらく既に持っている人のブログやレビューサイトなどでの口コミや実践結果を当てにするしか無いことと思います。

 

ですが一瞬だけ思いとどまってみてください。

 

そのブログを書いている人はあなたと全く同じ英語レベルでしょうか?

 

そのレビューサイトを書いている人は、販売者の回し者じゃないでしょうか?

 

最近はステマがうるさくなってきたので、回し者はちょっといい過ぎかもしれませんが、インターネットでの購入が自己責任である以上多少は疑って見るべきです。

 

 

有名か無名かを評価基準にするべきではない理由

それともう1つ言っておきたいのは、テレビCMや雑誌で広告をどんどん出している大手有名企業の英語教材を買っておけば間違いないと考えるのは

 

大きな間違いです。

 

ここでは名前は出せませんが、私の知っている限り、大手の有名英語教材は宣伝広告費にほとんどのお金が回っている為とても高額なのですが、特別な内容ではありません。

 

英文を英語ネイティブがしゃべっているだけで、テキストが付いているような教材がほとんどです。

 

英語教材の内容は誰が作っても結局は同じような内容に行き着くんです。

 

その証拠に、私の持っている英語教材の中身はどれも変わりがありません。

 

私達英語学習者が最終的に行わなければならないことは、ネイティブが使っている英語を覚えると言う作業です。

 

その英語を覚える過程を英語教材と言う形で競い合っている。

 

ただそれだけの話で金額や内容のボリュームが変わってくるのです。

 

まあ、ここが大切なところなのではあるのですが・・・。

 

もちろん、リスニングやスピーキングと言った少し特性の違う英語教材があるので、それらはきちんと分けて考える必要がありますが、英語初心者がまずやらなければならないことは、ネイティブの使っている英語フレーズを覚えることなので、

初心者用の英語教材はほとんど内容が同じなのです。

 

それだったら、会社の規模や有名無名にかかわらず、少しでも安価で、サービスのいい英語教材を選ぶのが正解だと思います。

 

 

初めての英語教材購入なら長期返金保証のついた教材を

それも、ポイントとなるのは、長期返金保証が付いている教材です

 

規模の小さな会社は、テレビCMを出せる大手と違って宣伝広告費をかけることが出来ませんし、ネームバリューで大手に負けてしまします。

 

その分、価格を安くして教材の内容やサービスを良くするしか道がないので、安くて内容もよくそしてサービスの良い教材が存在します。

 

90日や180日の返金保証なんて最たる例だと思います。

 

某大手の英語教材だと、10日以内でないと返品出来ない上に、商品を開けてしまうと返品ができません。

 

さらに返送料が購入者持ちなんて、返品を受け付ける気が本当にあるのかと疑ってしまうレベルのサービスです。

 

ですが、仮に90日間の返金保証が付いている英語教材を購入した場合、90日間フルに勉強をして、効果がなかったら返金してくれるんです。

 

※買っただけで何もしなかった人は論外です。

 

感覚でしか書かれていない、しかもしっかりと試したのかどうかも怪しい他人の口コミや実感よりも、自分が90日試した自分の感覚のほうがはるかに信頼できると思いませんか?

 

特に初めて英語教材を購入する人は、このようにリスクを極限まで減らして購入するのがいいと思いますよ。

 

ちなみに私はすでに60万円程度英語教材にかけてしまっていますが、結局使った教材はほんの一部です。

 

私のように失敗しないでください。

 

返品できる英語教材まとめのようなキーワードでググって、いくつか返品可能な教材をピックアップして見ることをおすすめします。