返金保証の期間は長いほうがいい

売って利益を出したい訳ですから、誰だって返金保証なんて付けたくないに決まっています。

どれだけ自信がある内容でも人によっては、気が変わったとか、こんあはずじゃなかったとか、開封した瞬間に返品したくなる人もいることでしょう。

返金の理由が、英語が出来るようにならなかったらとか、内容が詐欺だったからなど、正当な理由ならまだいいいのですが、気分で返金を求められたらたまったもんじゃありません。

モラルを守れない、自分さえ良ければいい、そんな人世の中にたくさんいますからね。

しかも、英語教材は、テキストブックとCDが多いので、コピーも出来てしまいます。

なので、基本的には返金に保証など付けられないと思うのですが、試す方にしてみれば、どんなものか体験してみないとよく分かりませんし、期間もそれなりに無いと判断がつきません。

そこで、両者の間を取って

・無料試聴用CDをつける

・公式サイトで音声を聞ける

・無料体験版のサイトを用意する(アプリの場合)

と言うところに落ち着いたのだと思います。

ですが、無料試聴用のCD以外を開封したら返品できない、忘れていて10日を過ぎたら返品できないなどのトラップもあり、購入者にも少なからずリスクは残っています。

そもそも英語が出来ない人が10日で判断なんてつけられません。

そのまま信じて1か月ぐらいは続けてみることしか選択肢が無いように思います。

そこで、登場したのが、90日とか180日とかの返金保証です。

返金の条件はみな違っていますが、基本的に「効果がなければ」と言うことになっています。

効果は自分の感覚ですし、毎日どれだけ勉強したかなんて、証明のしようがないので、事実上の無条件だと思います。

ですが、そのぐらいの期間を試してみないと分からないわけですよ。

こういう教材は大手に対抗してサービスを良くしたのだと思いますが、なるべくこういう教材を選んで購入すれば私達のリスクは限りなくゼロにちかずきます。

期間が長いからと言って忘れちゃうのだけ気をつけましょう!!